2015年07月07日

フェザーストーブ不具合!

 先週だったか、コールマンのフェザーストーブでガソリン漏れがあって、その場で修理したんだけど、その後修正しようと思ったら完全にダメになってしまった話。

20150707_1.jpg
 儂のフェザーストーブは自作の布製バックで運搬していた。

20150707_2.jpg
 んでも、流石に布!ゴチャゴチャになったカバンの中に放り込んでおいたらレギュレーターを曲げてしまった。

20150707_5.jpg
 分解して、接触面を綺麗に整えて見たりしたものの・・・

20150707_6.jpg
 石鹸水で漏れのチェックをするとこの通り・・・ダメだこりゃ〜。 んでとりあえず代わりのレギュレータを注文。これが定価で4500円くらいするものでかなりの出費。

20150707_3.jpg
 ネットで検索すると、100円ショップの茶碗ホルダーが丁度イイサイズらしいので購入。

20150707_4.jpg
 ・・・なんかね〜、ホールド感がイマイチなんだよね〜。それでもレギュレーターが無事ならそれでいいか?

 ちなみに新しく注文したレギュレーターは本日7/7に届く予定だったのに、明日以降となってしまいました。ま〜明日とかキャンプ行く訳ではないのでイイけどさ。

 あと、壊れたレギュレーターを使って、とろ火に出来ないか試験を行ってみた。 参考にしたのはこのページ

 アメリカさんは構造を考えるのはホント天才なんだけどさ〜、その構造を量産するっていうのが苦手らしく・・・ワンレバー方式にした時に、弱火+クリーニング機構として元々設計段階には機能していただろう所が、儂のフェザーストーブを含めて全然機能していないんだよ。

 んで、手先の器用な日本人・・・米を炊くからってのもあるけどさ、製造部門のダメなところを分解して、設計者の意図をくみ取って修理して、それをネットで情報ながして、儂のような人間も同じように改善する・・・。 もしアメリカさんが手先も器用だったらアイディアのない日本人は太刀打ちできないよな〜、世の中ウマく出来ているもんだよ。

 ということで!明日以降、レギュレータが届いたら、ちゃんと弱火に出来るような細工をして組み立てる予定です。これでコメもチャント炊けるようになるし、冬の寒空の下、とろ火で鍋も食べれるってもんですよ!
posted by キリン at 21:21| ステマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする